コールセンターでバイトする際の注意点について

お客様からのさまざまなご相談やご質問などを受付するコールセンターは、企業にとって大切な組織のひとつということができます。

できるだけお待たせせずに対応ができるよう、社員以外にも、派遣社員やバイトなど、さまざまな身分の人が対応を行っていることがほとんどです。

バイトとしてコールセンターで働く場合には、注意しておくべきことがあります。

それはコールセンターに電話をかけてくるお客様にとっては、対応しているのが社員なのか、あるいはバイトなのかということは全く関係が無く、社員の場合と同等の対応品質を求められていると言うことです。



そのため対応を行う際には、社員と同じ程度の対応に関する知識が求められるのと同時に、万が一クレームなどが発生した場合には、速やかに責任ある立場の人に対応を相談し、場合によっては対応を代わってもらうことが大切です。



コールセンターの仕事は、相手の顔が見えない状態で対応を行うため、時にはちょっとした言葉遣いやニュアンスなどが伝わらずに、誤解がクレームにつながってしまう場合もあります。そのため対応を行う際には、細心の注意を払うことが求められます。



コールセンターでバイトとして働く場合に注意すべきことは、お客様にとって、対応しているのがバイトかどうかということは全く関係が無く、正規の社員と同質の対応をすることが求められるという点です。

そのためできるだけ多くの対応知識を得た上で対応すると同時に、クレームなどが発生した場合には、責任ある人に相談・対応を依頼するなど、スピーディーに適切な判断を行うことが必要といえるでしょう。